マーケティングオートメーションの難しさ

2014年から2015年にかけて、日本でもマーケティングオートメーションを導入する企業が増えましたが、運用に失敗してしまう企業が多いのが事実です。導入後、期待していた通りの効果が得られず、効果的に運用できている企業はごく一部のようです。マーケティングオートメーションを使いこなし、効果を得るためには、いくつかの問題をクリアする必要があります。

マーケティングオートメーションを使いこなすためには、「営業の知識」「マーケティングの知識」「テクノロジーの知識」が必要だと言われています。それぞれの知識がないと、マーケティングオートメーションによる最大の効果が得られず、成果につながりません。しかし、それぞれの知識を駆使することは大変難易度の高いことです。日本でもこれらの仕事のできる人材の育成が急がれます。

日本において、マーケティングオートメーションがうまく運用されていないという現実について、問題は使い手のみではないとも考えられています。ツールを提供する側も、日本の企業に対して、サポート体制が整っているとは言い難いのが現状です。これは日本に進出してからまだ数年であるということや、販売代理店の知識不足など、様々な要因により、十分なサポート体制にないのです。

日本におけるマーケティングオートメーション

日本において、マーケティングオートメーションが普及しているとは言い難い状況ですが、マーケティング業務を改善したいのであれば、導入も視野に入れましょう。

必ずしもコンサルタントを通したほうがいいとは限りません。自社でマーケティングオートメーションを導入し、事業へ貢献したという企業も存在します。最近では専用のトレーニングや難しいマニュアルがなくとも活用できるマーケティングオートメーションも登場しました。月々数千円という安価で導入できるものもあるので、まずは導入しやすいところから始めるのもよいでしょう。

自社のマーケティング戦略に合ったマーケティングオートメーションを選ぶことが大切です。また、自社の顧客やターゲットをよく理解しましょう。元々の業務プロセスにマーケティングオートメーションを適応させているだけでは改善はできません。顧客に合わせて自社の組織や業務プロセスを柔軟に適応させることも大変重要です。マーケティングオートメーションを有効に使い、組織のほうから変わることで、効果的な顧客戦略が実行できます。ツールの機能や技術だけに頼らず、自社の顧客戦略と噛み合っているかが、マーケティングオートメーションにおいて、重要なポイントになります。

参考サイト【https://innova-jp.com/media/marketing-automation/
マーケティングオートメーションのヒントを紹介している情報サイトです。

マーケティングオートメーションについて

マーケティングオートメーションは、米国系ベンチャー企業が作り出したマーケティング用語です。開発元が日本に進出するようになり、マーケティングオートメーションという言葉が日本にも流入してきました。略して「MA」とも呼ばれています。

そもそも、マーケティングオートメーションとは、企業マーケティングの効果を高めることを目的としたソフトウェアのことを指します。メールやウェブ、ソーシャルメディアなどの分析や解析を一括して行うソフトウェアです。今までは、メールの配信やメンバー登録のフォーム、ウェブ解析、行動分析などが個別のツールとなっていましたが、一つのソフトウェアに集約されました。そのため、マーケティング業務を自動化でき、短時間でミスやエラーの少ない正確な業務をこなすことが可能です。このようにマーケティング業務の生産性が高まるだけではなく、ウェブ解析やメール配信、リード管理データベースが利用できることから、ユーザーの行動を把握でき、潜在ニーズを探ることも可能になりました。

現在マーケティングオートメーションは、クラウド型が大半を占めており、サーバーにインストールするタイプのソフトウェア型アプリケーションとは異なります。日本でも導入する企業が増えつつありますが、今のところはごく一部の企業にとどまっています。日本でもマーケティングオートメーションの導入支援サービスは存在していますが、積極的に取り入れる環境にないのが現実です。