日本におけるマーケティングオートメーション

日本において、マーケティングオートメーションが普及しているとは言い難い状況ですが、マーケティング業務を改善したいのであれば、導入も視野に入れましょう。

必ずしもコンサルタントを通したほうがいいとは限りません。自社でマーケティングオートメーションを導入し、事業へ貢献したという企業も存在します。最近では専用のトレーニングや難しいマニュアルがなくとも活用できるマーケティングオートメーションも登場しました。月々数千円という安価で導入できるものもあるので、まずは導入しやすいところから始めるのもよいでしょう。

自社のマーケティング戦略に合ったマーケティングオートメーションを選ぶことが大切です。また、自社の顧客やターゲットをよく理解しましょう。元々の業務プロセスにマーケティングオートメーションを適応させているだけでは改善はできません。顧客に合わせて自社の組織や業務プロセスを柔軟に適応させることも大変重要です。マーケティングオートメーションを有効に使い、組織のほうから変わることで、効果的な顧客戦略が実行できます。ツールの機能や技術だけに頼らず、自社の顧客戦略と噛み合っているかが、マーケティングオートメーションにおいて、重要なポイントになります。