マーケティングオートメーションの難しさ

2014年から2015年にかけて、日本でもマーケティングオートメーションを導入する企業が増えましたが、運用に失敗してしまう企業が多いのが事実です。導入後、期待していた通りの効果が得られず、効果的に運用できている企業はごく一部のようです。マーケティングオートメーションを使いこなし、効果を得るためには、いくつかの問題をクリアする必要があります。

マーケティングオートメーションを使いこなすためには、「営業の知識」「マーケティングの知識」「テクノロジーの知識」が必要だと言われています。それぞれの知識がないと、マーケティングオートメーションによる最大の効果が得られず、成果につながりません。しかし、それぞれの知識を駆使することは大変難易度の高いことです。日本でもこれらの仕事のできる人材の育成が急がれます。

日本において、マーケティングオートメーションがうまく運用されていないという現実について、問題は使い手のみではないとも考えられています。ツールを提供する側も、日本の企業に対して、サポート体制が整っているとは言い難いのが現状です。これは日本に進出してからまだ数年であるということや、販売代理店の知識不足など、様々な要因により、十分なサポート体制にないのです。